丸山晩霞記念館

TOP教育・地域普及活動

教育・地域普及活動

 

丸山晩霞記念館では、さまざまな活動を実施しています。教育普及というと、上から目線の印象がありますが、当館の取組は美術に触れる機会を設け、体験し楽しんでもらうことを大前提にして、それを通じて気づきや、自分の可能性、多様な表現や価値観に触れる時間と捉えています。

主な活動として以下の内容に取り組んでいます。

1. 小学校でのワークショップや対話型鑑賞
2. 地域や大学、高校、アーティティストと連携したアートイベント
3 展覧会に合わせたワークショップやギャラリートーク

理想としているのは、地域の環境や歴史などを活用、応用した内容、さらに子どもから大人まで分け隔てなく一緒に参加して楽しめるものです。
紙コップ20,000個
のりもテープも使わずに、基本的には積み上げて制作するワークショップ。広い場所での活動で、開始直後は個々の作業であるが、次第に隣接する者同士が自然に共同制作を行う様子が見られる。
できあがった造形は、未来の都市のようでもあり、ライトアップが可能な場合は、幻想的な空間を生み出す。
記録をとった後は、「破壊」するが、これも子どもたちにとって楽しいようだ。
スケッチ大会&アートチャレンジ
当館恒例かつ最大のアートイベント。会場は浅間連峰を見渡す絶好のロケーション、ここに動物たちを例年15から20種配置し、思い思いにスケッチを行う。
作画指導には、作家、教員など美術関係者が担当する。やって加えて、武蔵野美術大学、文教大学、東京家政大学、軽井沢高校、上小美術研究会(2019年度)が、さまざまなワークショップを繰り広げる。
どんどこ!巨大紙相撲大会 雷電東御場所
このイベントのアイデアは、アーティストユニットのKOSUGE1-16によるものである。東御市は天下無双力士・雷電為右衛門の生誕地であり、この偉人の顕彰普及事業として、生誕250年の2017年に初回開催。紙力士は、雷電為右衛門と同じ身長197センチである。
現在は、滋野地区の里づくりの会との共催、地元企業や商店などからも多くの協賛があり、地域密着型の一大イベントに成長した。第2回目の2018年には、450名(28チーム)が参加し、まさに激アツ。