丸山晩霞記念館

TOPお知らせ【予告】2022年度企画展「山と画家の出会い 人生を変えた絶景」 10月29日(土)より開催!

お知らせ

【予告】2022年度企画展「山と画家の出会い 人生を変えた絶景」 10月29日(土)より開催!

2022年09月07日

武井清≪春の穂高連峰≫

企画展特設ページは現在準備中です。

明治初頭まで、日本の山は信仰の対象あるいは修業や狩猟の場でした。しかし明治中期に、外国人によって西洋の近代登山が日本に紹介されると、登山はレジャーやスポーツとしてたちまち日本に広まっていきました。山岳文化を広めるため、丸山晩霞らは山に登り風景を描き、紀行文などを書きました。こうして始まった日本人の山岳への憧れは、今日も数多くの人を魅了し続けています。
登山は楽しいものですが、道中は苦しくもあり、危険も伴います。それでも山に登るのは、そこに人生を変えてしまうほどの絶景が待っているから。山岳画家が、その圧倒的な美と荘厳さに感動して山を描くということは、丸山晩霞たちの時代と少しも変わっていないのではないかと思います。
本展は、山岳画のパイオニアである丸山晩霞に加え、ベテランの山岳画家である武井清、千葉潔、故上田太郎、そして今注目を集める東御市出身の春原直人の5人による山岳絵画展です。
迫力のある作品から、それぞれが思い描く山へ思いを感じていただくとともに、来場された皆さんが、仲間や家族と登山した思い出、あるいはいつかは行ってみたいという憧れとともに、楽しくご覧いただければ、喜びこの上ありません。

11月28日、29日で一部入替を行います。
展覧会チラシダウンロード

会期:2022年10月29日(土)〜12月25日(日)
休館:月曜、11月29日

■出展作家
武井 清、千葉 潔、上田太郎、春原直人、丸山晩霞

■会期中のイベント
・10月30日(日)13:30〜 オープニング・ギャラリー・トーク 当館2F 入館料500円のみ 先着50名
武井清、千葉潔、春原直人氏をお招きして、山への思いなどを語っていただきます。

・11月3日(木・祝)14:00開演 サンテラススペシャルコンサート「山の歌、自然の調べ」
高校生以上2,000円、中学生以下1,500円(入館料込)

出演
第一部 男声合唱「コール・ライディーン」 名曲「雪山讃歌」は湯の丸高原でつくられたことをご存じですか?
第二部 神原恵里子(ピアノ)、近藤聡(ヴァイオリン) 山にまつわる名曲の数々をオールジャンルでお届けします。

チケット、コンサート詳細はこちらから

・11月6日(日)13:30〜 初めての日本画チャレンジ キラキラ! 岩絵具で描いてみよう。当館2F
高校生以上3000円、中学生以下2500円(入館料込) 定員10名
岩絵具は鉱石やガラスなどから製造された画材です。光りの反射でキラキラとした仕上がりも楽しめます。 小さなパネルを使ってステキな作品を作りましょう!
講  師:春原直人氏 申込方法:電話 0268-62-3700

・11月13日(日)13:30〜 絶滅に瀕する「湯の丸高原の花と蝶」~希少種を守れるか~ 当館2F 入館料500円のみ 先着50名
貴重な動植物の宝庫・湯の丸高原。絶滅危惧種ミヤマシロチョウの現状や地球温暖化による 湯の丸の環境変化と問題などを学びませんか?
講  師:花岡敏道氏(浅間山系ミヤマシロチョウの会会長)

・11月26日(土)サンタの国・フィンランドの伝統工芸「ヒンメリ」を作ろう! 1回目 10:30〜/2回目13:30 〜
ヒンメリは、フィンランドの伝統的な装飾です。クリスマスや結婚式の装飾品としても親しまれ、 「幸運のお守り」と呼ばれています。麦わらやストローを糸で繋げ、立体的な幾何学模様を作ります。
講  師:塚田真由氏(ヒンメリ&ガーデンデザイナー)
申込方法:電話 0268-62-3700 定員:各回15名
参加費 :高校生以上1,500円、中学生以下1,000円 入館料込

・12月24日(土)8:00〜 白銀の世界を歩こう! スノーシュー体験 @ 湯の丸高原ツツジ平周遊
高校生以上2500円、中学生以下2000円(入館料込) 定員15名
行程:8 時当館集合〜バスにて湯の丸高原へ〜ガイドミーティング後、出発!〜バスにて当館へ(13 時頃) 送迎付きの特別料金でとっても楽チン&お得です。ウエア、手袋、水筒、行動食などは各自でご用意ください。 雪の森を歩く、非日常の世界。雪の妖精に会えるかも!
ガイド:湯の丸高原ネイチャーマイスター  ※詳細は申込時にお知らせします。 申込方法:電話 0268-62-3700 定員:15 名

・特設ミュージアムショップ
展覧会図録や絵葉書のほか、武井清氏、千葉潔氏、春原直人氏らの山岳画や、ヒンメリ制作キットもございます。